ねむの木学園のこども達とまり子お母さん美術展

2016 年 05 月 10 日 ブログ

ねむの木学園の園長宮城まり子さん。おん歳89才。

年齢を生徒に言われるまで「知らなかった」とおっしゃるユーモアの

センスを持った茶目っ気たっぷりの可愛い方です。

今月5月1日より29日まで、銀座ニューメルサ5階で「ねむの木

学園のこどもたちとまり子美術展」を開催中です。

初日に伺って感動の涙で、心が洗われる思いで帰ってきました。

入場してまず驚いたのは、子供たちが描く、新鮮で濁りのない色彩と

お伽話の世界へ引き込まれてゆく様な、心安まる絵画、

彼等の目に写る純粋な直観的描写は、情景の経験が無くとも

目にうかぶ不思議を感じました。

そして、これらの作品の随所にまり子お母さんが居るのです。

ぐんぐん引き込まれながら、鑑賞してますと、会場の1角で

オープニングセレモニーが始まりました。

車いすで登場したまり子お母さん、子供達7人で構成された合唱隊、

指揮を執るお母さんを見つめる眼差しは、真剣で一指乱れぬ息のあった

歌声に、信頼と深い絆で結ばれている事が、痛いほど伝わって来ます。

子供達との絶妙のやり取りに、合わせる様に、なんと車椅子から立ち上

がって、リズミカルに踊りながら指揮を執り始めました。

なんて微笑ましい、素敵な光景なんでしょう。

こみ上げてくる感情を、抑えながら「ねむの木学園」とは

宮城まり子さんという母親を通して、深い大きな愛情を注いで育て

上げてゆく「人間形成の場」なんだと確信しました。

歌の最後に、子供たちが、「お母さん、いつも、ありがとう」

追伸、 まり子お母さんの、ガラス作品も秀逸

是非、ご覧下さい

 

春爛漫

2016 年 04 月 09 日 ブログ

さくらが見事でした。潔く散る花びらが、私の住む近くの浜町公園の広場を、

桜色に埋め尽くしてます。

桜と云えば、平安時代の歌人{西行}を思い浮かべます。

眉目秀麗で、詩歌管弦に堪能で華やかだった武士が、23歳の若さで出家して

(虚空の如くなる心)に到達するまでに、数奇と云う無償の行為に命を賭けて

一首詠み上げては、一体の仏像を彫る思いで歌を作り上げていきます。

特に桜の歌を多く残してます。

いつの時代も、この季節は年齢に関係なく、何故か落ち着きません。

世の中の、循環の速さに驚きながら、追われる様にして過ごしてる日々、

ふと、振り返ってみると、急に懐かしさと、もう二度と戻れないと云う寂しさに

包まれる事があります。もしかしたら、私にとって新年を迎えるのは、正月ではなくて

今年も、健康で元気で、朝日に輝く幻想的な桜を見る事が新年なのでしょうか

どんなに年を重ねても、時代が変わっても(さくら)は変わりありません。

旅立ちのこの時季、青春の頃の思い出が鮮やかによみがえります。

          花見にと

                 群れくる人の来るのみぞ

             あたら桜の科(とが)にはありける     西行

 

 

越後の風物詩{雪ざらし}の見学会

2016 年 03 月 11 日 ブログ

雪晒し

 

t縦に長い日本列島は、極寒の北の大地から南国の沖縄まで、それぞれの地域の

伝統文化、行事があります。

ここ越後塩沢の地は、とんでもなく雪が多く降る場所で、住人たちは屋根が潰れない様に

又、日々の生活の妨げにならないように、必ず雪を片付けます。

この地方の当たり前の世界、(雪)を語らずして暮らし、自然、いきもの、行事など

伝える事はできません。

越後の風物詩、雪ざらし、を見学に行ってきました。今年は、例年になく雪が少なく

山、川、集落が一面白一色のはずが、ほとんど地肌が見える状態でした。

からくも田畑に残雪があり、その上に上布を晒し、晴天の中、お嬢さん二人を従えて

中島清志さんが颯爽と仕事してました。

昭和の頃まで(晒し屋)という商売があったようです。身を清めた職人が太陽が出無いうちに

雪の上を平たくしてならし、晒し場を作ります。麻の反物を水洗いして、搾ってから晒します。

春先は、晴れの日が多く同じ工程で晒し、数日かけると白白となっていきます。

 

 

 

 

 

 

日本からダンディーな男性が居なくなりました。

2016 年 03 月 03 日 ブログ

時が流れて行く中で、東京、特に私が生活している銀座界隈の変ぼう振りには驚かされます。

馴染みのある通りの建物が、老朽化の為か次々と壊され、風情や日本古来の美意識など

そっちのけで、限度枠いっぱいの集合ビルに建て替えられています。

今年の秋には、銀座の台所言われた築地市場も豊洲に移転します。

ミシュランの星を獲った銀座の料理屋のご主人が、築地が近くにあったから

筍で新鮮な食材を出せたと愚痴をこぼしてました。

適応力とは、変化を察知して自分なりの対応を決め、その状況に馴染んでいかねばなりません。

故に、今の世の中、こせこせした人間が多いのでしょうか?

そういえば、よく蕎麦屋等で粋に着物を着こなした、だんな衆を見かけなくなりました。

又、昨今、男性を評してダンデイと言う言葉も聞かれなくなった気がします。

辞書を引くとダンデイとは、とびっきりの一級品、しゃれた男とあります。

朝の連ドラの主人公(あさ)のご主人新次郎さん(容姿)がカッコウよく

利、不利など関係なく真の優しさがあります。まさにダンデイです。

親父が言ってました。(昔は良かった)いつの世も同じなのかも知れません。

銀座の蕎麦屋

2016 年 02 月 18 日 ブログ

は、そばが好きでよく食べます。昼間は、近所のそば屋ですが夜行くときは、お酒を呑みながら(そば湯で割る)本日のおすすのオツマミを食べてお腹が一杯になりますが、最後の〆(しめ)に必ずせいろを食べます。そば屋というより小料理屋といった方がいいかも知れません。そば屋さんもそばだけでは駄目なようです。肝心の蕎麦屋ですが、{流石、さすが}というミシュランをとった処です。飾らないさっぱりとした女主人でヒマさえあれば、いろいろな分野の美味しいものを食べに行く食いしん坊です。10割そばの細切りで喉ごしはとっても良いです。お値段  は、2合ほど飲んでつまみを食べてシメにせいろで7,8千円です。場所は分かりにくいですが、隠れ家みたいでゆっくりくつろげる雰囲気のある大人感覚です。つむぎやのブログを見たと言ってくだされば、何かサービスしてくれる様に女将に頼んできましたので、おそばがお好きの方は行って下さい。

住所 中央区銀座2丁目13-6東2ビル2階

電話03-3543-0404

 


 

銀座の美味しいもん

2016 年 02 月 15 日 ブログ

当たり前の事ですけど銀座には美味しいお店がたくさんあります。名のある老舗は勿論の事、全国から腕利きのシェフ達が、こだわりを持つこの地、銀座でパフォーマンスをしたいからでしょうか。料理のお値段は、さまざまですがやっぱり美味しくて料理と値段がピッタリと見合ってる処が繁盛してる様です。

20年も前でしょうか資生堂パーラーで1万円のカレーを出すということで興味津々で行ったのですけど、成程シェフが目の前で大きなエビを焼いてくれてカレーと一緒に食べた事を記憶してます。ブログの影響もあり、それぞれのお店が大変努力してます。それが私の仕事の勉強になります。

 

変わりゆく銀座

2016 年 02 月 10 日 ブログ

明治天皇が、有楽町の日比谷公園から築地に向かって行幸した通りからみゆき「御幸」通りと呼ばれてます。間もなくグランドオープンする(3月31日)銀座東急プラザは各国の一流ブランドのテナントを始めロッテが、日本最大級の免税店を7、8階に出店し、また11月オープン予定の銀座松坂屋が、日本最大級の商業施設を3年の月日を要して建築し、文化、交流の場(観世能楽堂)を設けバスターナルも確保。この両建物を結ぶホットラインがみゆき通りです。日本の正月に当たる春慶節のこの時期、アジアの人達で賑わう銀座の街並みがますます熱く変わろうとしてます。

朝の連続ドラマ「あさが来た」について 

2016 年 01 月 12 日 ブログ

AKB48がメロデイに乗せて朝の光浴びて、雨の日や落ち込んだ日は明日頑張ろう:と唄う朝の連ドラ「あさが来た」です。毎日楽しみに観てます。実在の人物「広岡浅子」をモデルにした京都の豪商三井家に生まれ幕末の動乱から明治維新という日本の大転換に力強く生き抜いた女実業家、当時の女子は3界に家なしと抑圧されまさに男尊女卑の世の中、政治、商売、芸術、学問、あらゆる分野で女性は社会で能力を発揮する機会がなかったそんな時代に女性解放の先駆けとして9転10起の行動力で、ピストルを忍ばせ荒くれ者の炭鉱夫に立ち向かう豪快な女主人公あさ、またお互いを思いやる夫婦の微笑ましさ。玉木宏演じるあさのご主人、着物が似合って優しくてとてもカッコいいですね。今の時代こんなに活躍する女性たちをあさが見たらきっと言うでしょう「びっくりポンや」と

 

銀座情報

2016 年 01 月 12 日 ブログ

数寄屋橋交差点角に「東急プラザ銀座」が3月31日グランドオープン。「江戸切子」をモチーフにし全てガラス張りの銀座最大級の商業施設。朝日に輝く建物は圧巻。西側隣の高速道路側ニュートウキョウビルも全面取り壊しの再開発中。有楽町イトシアから数奇屋橋エリアが新たなショッピング散策コースに、今年の11月オープン予定の松坂屋銀座も含めて銀座がますます熱くなります。

 

 

謹賀新年!

2016 年 01 月 01 日 ブログ

明けましておめでとうございます!
2016年、銀座つむぎや店主、糠谷(ぬかや)が変わりゆく銀座の最新情報を楽しく
かつ、つむぎや流に私見を持ってブログに書き上げていきます。
美味しいグルメ情報もあります。

皆様にとりまして今年も良い年でありますように