令和元年 新しい時代の幕開け

2019 年 05 月 12 日 ブログ

昭和の大戦は、言い尽くす事が出来ない悲惨な出来事でした。海外も含めどれほど多くの人々が

犠牲になったかを考えると恐ろしいです。

平成天皇は、その任を美智子皇后と共に負うように約30年間象徴天皇として国民の安寧と

平和を願い日本の隅々まで足を運びました。改元にあたりこの1か月程、平成の時代を振り

返る報道番組を見てきましたが、本当に様々な出来事がありました。

見たこともない普賢岳の火砕流、地下鉄サリン、阪神、淡路そして極め付けは列島を揺るがした

東日本大震災と大津波など数え上げればきりがありません。しかし日本人はどんな困難にも

めげずにたくましく、我慢強く復興に向けて歩み始めます。被災者の方々が途方に暮れる中

膝をついてまでお言葉をかけてくださる両陛下の慰問に、どれほどの勇気と希望を与えられたか

番組を見ながら感動して涙していました。

この度のご退位は、体力の限界との事です。ご公務の過密さ、東奔西走の日々を支えて来られた

のは、皇后様の存在だと確信いたします。どこへ行かれるのも常に控えめで陛下に寄り添い、

美しく品格のある皇后さま、初の民間出身の妃が、身近に開かれた皇室に変え、陛下、お子様達

と楽器を奏で、素晴らしい詩を詠み、文化芸術の発展に貢献し、清らかなお声で英語のスピーチ

をなさる様は、絵に描いた様な良妻賢母、かくある女性の鏡です。陛下が、ご退位するお言葉の

中で涙ぐみ声を震わせ60年の結婚生活を共に歩み、想像以上の環境の中で苦労して耐えてきた

皇后に感謝する場面は、人間『昭仁様」を見たような気がしました。

陛下が前立腺がん出術を受け、心配する国民の声が広がってゆく様を皇后さまがお詠みになられた

幸「さき」くませ 真幸「まさき」くませと人びとの 声渡りゆく御幸の町に

なんと心優しい奥様か。陛下にジェラシーを感じると共に本当にお疲れ様でした。