アーカイブ

ラグビーワールドカップ心から感謝

2019 年 11 月 03 日 お知らせ

未曾有の相次ぐ大型台風、追い打ちをかける大雨の影響で多くの方々が被災され、心からお見舞い申し上げます。

「鳥肌が立つ」と云う言葉があります。歳を重ねて来ますとジエットコースターなどに乗らない限りめったにありません。

ところが最近あったんです。

ラクビ―ワールドカップ、日本対アイルランド戦、ラクビーがこんなにスリリングで興奮するスポーツある事を知り

又、これほど全国民をワンチームにした試合はなかったのはないでしょうか?

お膳立てもアジア初での開催、大悲願のベスト8進出をかけた強豪国との最終予選、屈強な男たちが血を流しながら

ぶつかり合う『格闘技」、攻め、守り、走りまくって見事なパス回しでトライ。桜のジヤージが歓喜で躍動するシーンに

胸が熱くなり、こみ上げる感動で気がつけば鳥肌が立っていました。久しぶりに「男」の頼もしさ強さを見た気がしました。

今回の日本チームは、外国人が多勢いる混成チームと云う方がいますが、ニュージーランド出身の38歳トンプソン選手が

『多くの被災した人たちの事を考えれば、ラクビ―なんて小さなこと、この勝利が少しでも勇気と力になればうれしい」

と、仲間たちと死ぬ程の苦労でやっと掴んだ勝利のこと以上に日本を思いやる彼らこそ真の日本男児ではないでしょうか。

「 お疲れさま」

にわかファンの私に令和元年にふさわしい明るく元気になる試合をプレゼントしてくれて、

”わたしも、夢に向かって何かトライしてみるか”