アーカイブ

笑う門には福来る

2019 年 08 月 30 日 お知らせ

『夏と秋と行きかう空のかよひじは、かたへ涼しき風やふくらむ』

猛暑が去って大合唱していた蝉たちもやがて静まり、少しずつ目に見えぬ秋の

気配を感じます。

夏の風物詩、全国高校野球甲子園大会、真っ黒に日焼けした球児たちが、懸命に

白球を追う姿は、昔と変わらず清々しさと懐かしさに感動を覚えます。

8月の始め日本人、男女を通じて42年ぶりのメジャー制覇した無名の新人、海外

メデアが「シンデレラスマイル」と名付けた渋野日向子、20歳、昨年プロテストに

合格し、今年国内で2勝、初の海外デビユーでいきなり優勝、快挙と言うより奇跡と

専門家の弁です。それがどんなに難し事か?『勝利の女神」が名指しして離さなかった

「運」だけではないようです。 世阿弥が「まことの花とは、演じる自分と見物席から

冷静に客観的に眺めるもう一人の自分が居る」まさに彼女は、沈着でここ一番のストレスに強く大きなミスをしても動じない勝負師、アスリートの血を受け継いだ天性の身体

能力、男子に交じって8歳で始めたソフトボール、球がめっぽう速くエースでクリーン

ナップを担う、何をやらせても男子以上。大の負けず嫌い、ふてくされ屋で泣き虫だった性格を両親;コーチの厳しい指導を受け努力の末に上手く行かなくても笑つていられる自分に変えていったのです。笑うことで周りを明るくし、多くのギャラリーを味方に

つけ応援してくれる人たちに元気と勇気を与えます。すると自然に勝利が向こうから

やってくるのだと言ってました。思わず鏡を見て「作り笑い」をする自分に照れてしま

いました。

来年は,56年ぶりの東京オリンピック、アスリート達がこの劇的な勝利にどれほどの

刺激と勇気をもらったことか。 スポーツは文化です。美しい国、日本、胸がふくらみます。  『笑う門には福来る」