アーカイブ

偉大な昭和の一人

2019 年 02 月 24 日 ブログ

日本列島にかかる気圧配置が気まぐれの為か、日替わりの様に寒暖差が激しく体調を崩される方が多いようです。

NHKの朝の連続ドラマ「まんぷく」、モデルになった日清食品の創業者、安藤百福氏と

しっかりと後ろで支える妻仁子まさこさんの、二人三脚波乱万丈の物語を楽しく見ています。

改名したのでは、と思う程「仁」の徳を積んで「福」を多くの人に与えるピッタリのお二人の

名前です。 「事実は、小説よりも寄なり」と申しますが、今から役60程前『世の中の人の

為に何か役に立ちたい」想いで家族の協力を得て、無一文から即席めんを発明して魔法のラーメン「チキンラーメン」を世界の食卓まで広げてゆきます。目のつけどころの素晴らしさや、何を

作りたいか目標をしっかり定め、必ずやり遂げる不屈の精神力はさすがです。

麺にお湯をかけて3分待つ。私もこんな簡単に美味しいラーメンが食べられるのかと当時

驚いた一人です。昭和34年頃、皇太子殿下ご成婚、テレビの登場、「もはや戦後ではない」

と日本は高度経済成長期に入り、人々の生活も安定し始め、おう歌するのに忙しく、食事も

簡便性を求めるようになり「インスタント」が流行語になった時代です。成功者は、運も味方

します。宗教上、牛、豚を食するのを禁じられている国々でたまたまスープが鶏だったので

世界中が受け入れてくれたのです。今では何億食もの需要を生んでます。

百福氏の90歳のパーティで、奥様と手を取り、微笑むお写真を拝見して『人生に悔いなし」と

言っている様で畏敬の念と羨ましさで胸が熱くなりました。それにしても奥様役の安藤サクラ

さんの笑顔は、周りの人を明るく元気にしてくれますね。